7/31/2017

新興ブラウザ Vivaldi 1.10.867.48 のレビュー

更新:2017-08-12
初稿:2017-07-31
新興ブラウザ Vivaldi 1.10.867.48 のレビュー

検証:Windows 7 32bit,


新興ブラウザ Vivaldi


ソフトウェア情報:
Vivaldi 1.10.867.48 2017/06/15,
Copyright 2017 Vivaldi Technologies AS. All rights reserved.
Vivaldi 1.10.867.48

新興ブラウザ Vivaldi が軽いとの噂を聞いたのでインストールしてみました。
私の環境では、起動に要する時間は Vivaldi > Chrome でした。
よって、結論。
Vivaldi は軽くないと思うよ(+o+)



Vivaldi を掘り下げます
※Vivaldi の生い立ちなどは文末に Wikipedia のリンクと引用文を掲載しています。
※Vivaldi の特徴とインストール方法についてメモします。

Blink

Vivaldi, Chrome, Opera はレンダリングエンジンに Blink を使用しています。Blink は Google が主導する Chromium オープンソースプロジェクトの成果物です。

Vivaldi は Chrome ウェブストアから拡張機能を直接インストールできますが、Opera は Download Chrome Extension アドオンが必要です。


Vivaldi のビジネスモデル

Vivaldi のコアな部分は Google に依存しています。

Vivaldi のビジネスモデル
デザインオリジナルVivaldi Technologies
レンダリングエンジンBlinkGoogle(Chromiumプロジェクト)
拡張機能Chrome 拡張機能Google

デザイン以外は Google が関係する部品を利用する Vivaldi のビジネスモデルは Android スマホに似ています。Androidスマホはコアな部品(OS、アプリ)は各社共通なものの、開発メーカーにより人気度が違うので、Vivaldi はそのあたりを狙っているのでしょうか。

スマホはパッケージングする OSバージョン、CPU、搭載メモリでスペックに差異が発生しますが、Vivaldi は Brink と Chrome拡張機能をベースにして開発されているので、Chrome, Opera と差別化を図るのは難しそうです。


独自レンダリングエンジンの可能性

Vivaldi Technologies は将来的にはレンダリングエンジンを自社開発する意向があるようなので、独自レンダリングエンジンを使用した時が Vivaldi の本当のスタートなのかもしれません。それまでは開発費を稼ぐためのプロセスだと考えているのかもしれませんね。


Vivaldi のインストール手順

※Vivaldi 1.10.867.48 に基づいて記述しています

インストールタイプの選択

"Install Vivaldi" 画面から [Advanced] をクリックして拡張インストール画面に進みます。"Installation type" でインストール方法を選択します。インストールタイプによりターゲットフォルダが変わります。
  1. Install per user: C:\Users\\AppData\Local\Vivaldi
  2. Install for all users: C:\Program Files\Vivaldi
  3. Install standalone: <任意>

スタンドアロンインストールモードを選択すると、Windows の「プログラムと機能」に Vivaldi は表示されません。アンインストールは Vivaldi のインストールフォルダを手動で削除するだけで完了です。
Install Vivaldi

設定画面

Chrome が拡張機能で実現するいくつかの機能は Vivaldi 標準機能として実装されています。
  • テーマ(8)
  • タブの位置とタブの動作
  • スタートページの背景色(4)、背景画像(8)
  • スピードダイヤル
  • クイックコマンド
  • キーボードショートカット(keyconfig のような機能)
  • マウスジェスチャー

設定項目詳細

タブの位置タブバーの位置、新しいタブの位置、複製したタブの位置、タブを閉じたときにアクティブにするタブ、タブの取り扱い
タブ機能タブサイクリング、タブ選択、タブスタッキング、ピン留めしたタブ、タブをミュートにする
パネルパネル位置、パネルオプション、Webパネル、メモ
アドレスバーアドレスバーの位置、アドレスバーのオプション:早送りと巻き戻し、新しいタブでアドレスを開く、ドロップダウンのオプション、アドレスのオートコンプリート、ドメイン展開、拡張機能:拡張機能の表示切り替えスイッチ
マウスジェスチャー:有効/無効、ジェスチャーの割り当て、ロッカージェスチャー

移行支援機能

他ブラウザからブックマーク、保存されたパスワードなどを移行することができます。

対象ブラウザ、ファイル
Internet Explorer, Opera 12.x, Firefox, Chrome, Vivaldi, ブックマークHTMLファイル, Operaのブックマークファイル

移行可能なデータはブラウザにより異なります。

Firefox の場合
ブックマーク、パスワード、履歴、検索エンジン

Vivaldi オリジナルかも?

※筆者は Opera を使用したことがありません
クイックコマンド、「巻き戻し」と「早送り」、ニックネーム、タブスタッキング、タブタイリング、視覚タブ、ごみ箱、カメレオンカラー、メモ、マウスジェスチャー、テーマの時間設定、タブの位置、パネル、キーボードショートカット

アクセスするサイトを分析して背景色を変化させる「カメレオンカラー」と、閉じたタブを復活させる「ごみ箱」は Vivaldi オリジナルだと思います。



インストールしたバージョン

Vivaldi 1.10.867.48 Windows 7 32bit
https://vivaldi.com/download/?lang=ja_JP


Vivaldi の User-Agent

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/59.0.3071.112 Safari/537.36 Vivaldi/1.91.867.48
※Vivaldi 1.10.867.48 なのに、User-Agent は 1.91.867.48 となっている。


※参考:Chrome, Firefox の User-Agent

Chrome 60.0.3112.78 32bit
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/60.0.3112.78 Safari/537.36

Firefox 54.0.1 32bit
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:54.0) Gecko/20100101 Firefox/54.0


Vivaldi の概要

出典:Wikipedia
Vivaldi(ヴィヴァルディ)は、Vivaldi Technologiesによって開発されているウェブブラウザである。Vivaldi Technologiesは、オペラ・ソフトウェアの創設者の1人でありCEOであったヨン・スティーブンソン・フォン・テッツナーによって設立された。"A new browser for our friends"(私たちの友人のための新しいブラウザ)をスローガンとしており、技術者、インターネットのヘビーユーザ、OperaのレンダリングエンジンがPrestoからBlinkへと変更されたことに伴い多くの機能が削除されてしまったことに不満を抱く、かつてのOperaユーザを主な対象としている。

レンダリングエンジンは現行のOperaと同じくBlinkを使用している。当初はオペラ・ソフトウェアにPrestoの使用を交渉したが許可を得られなかったとのことで、開発側はVivaldiが軌道に乗れば、自社で改めてレンダリングエンジンを開発する可能性も視野に入れたいとしている
Blink の概要
出典:Wikipedia
Blinkは、Googleなどが開発するHTMLレンダリングエンジン。2013年4月3日にWebKitから分岐し、開発が始まった。Google Chrome 28以降、Opera 15以降、Android 4.4 の標準ブラウザなどで採用されている。

2017-08-12

2017/08/10 Vivaldi 新バージョンがリリースされました。
64bit バージョンを Standalone インストールした場合のプログラム情報は以下の通り。
相変わらず Vivaldi と ユーザーエージェントのバージョン表記が異なっています。

vivaldi://about
Vivaldi1.11.917.39 (Stable channel) (64-bit)
変更履歴161e1fce0e1b4aa6e95de8aa8b0e5cbc11cd8e8b-
OSWindows
JavaScriptV8 6.0.286.52
Flash26.0.0.137 C:¥Windows¥system32¥Macromed¥Flash¥pepflashplayer64_26_0_0_137.dll
ユーザーエージェントMozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/60.0.3112.91 Safari/537.36 Vivaldi/1.92.917.39
CompilerMSVC 2015


おわり

7/29/2017

MPC-HC プロジェクト停止、MPC-BE プロジェクト継続

2017-07-29
MPC-HC プロジェクト停止、MPC-BE プロジェクト継続
english-language version

検証:Windows 7 64bit,


MPC-BE の時代へ


ソフトウェア情報:

MPC-BE (64-bit) 1.5.1(build 2755)beta, 2017-08-02
Copyright c 2002-2017, Active: aleksoid - Russia, Angel - Russia, arestarh1986 - Ukraine, szl/alexins - Republic of Slovenia, v0lt - Russia
Media Player Classic - BEは、Windows用のフリーでオープンソースのオーディオおよびビデオプレーヤーです。 Media Player Classic - BEはオリジナルの "Media Player Classic"プロジェクト(Gabest)と "Media Player Classic Home Cinema"プロジェクト(Casimir666)に基づいており、追加機能とバグ修正が含まれています。
MPC-BE

MPC → MPC-HC → MPC-BE

MPC シリーズの変遷
MPCMedia Player Classic原点
MPC-HCMedia Player Classic - Home Cinemaプロジェクト停止
MPC-BEMedia Player Classic - Black Edition継続中


MPC-HC プロジェクト停止

Windows Media Player 6.4 ライクな外観に独自機能を盛り込み人気を博した MPC でしたが、開発が停滞したまま放置されていたため、有志が MPCにバグフィックスと機能追加を施した派生バージョンを MPC-HC としてリリースしました。そんな MPC-HC も技術者不足を理由に開発中断の声明を発表し終焉を迎えることになりました。
v1.7.13 is released and farewell
MPC-HC

MPC-BE プロジェクト継続

MPC-HC をベースにバグフィックス、機能追加が行われている MPC-BE は開発が継続しているため後継メディアプレイヤーとして認知されていくと思われます。日本語に対応しています。
MPC-BE のインストールファイルは 32bit/64bit があるのでダウンロードするファイルを間違えないようにしましょう。
MPC-BE

MPC-BE Nightly Builds (from svn trunk)

2017/07/29 時点
  • 安定版: MPC-BE x64 - 1.4.5(2015-09-24)
  • Nightly Builds: MPC-BE x64 - v1.5.1 build 2548 beta(2017-05-08)
※Nightly Builds はテスト版です。


MPC-HC との違い

MPC-BE 配布サイトから機能一覧に辿れなかったのでググったところ MPC-HC の機能に加えて次の機能が付加されているようです。
  • シークバー上にマウスを置くと該当場面のプレビューを表示する機能 
  • シークバー上へチャプターマーカーを設置する機能
  • 二つの再生デバイスに音声を同時出力する機能
  • YouTube 動画を再生する機能
  • 外部音声トラックを読み込む機能

パソコンとの相性

当方の Windows 7 32bit では MPC-BE で動画再生するとフリーズするので相性がよくありません。Windows 7 64bit では安定して動作しています。


Link:


おわり

7/27/2017

デバイスマネージャーを起動するショートカットの作成方法

2017-07-27
デバイスマネージャーを起動するショートカットの作成方法

検証:Windows 7 32bit,


デバイスマネージャー


Windows 7 のデバイスマネージャーを一発で呼び出すことのできるショートカットの作成方法をメモします。

デバイスマネージャーとは

出典:Microsoft - デバイスマネージャーの概要
デバイス マネージャーは、コンピューターにインストールされているハードウェアをグラフィカルに表示します。すべてのデバイスは、デバイス ドライバーと呼ばれる小さいソフトウェアをとおして Windows と通信します。デバイス マネージャーを使用して、ハードウェア デバイスのドライバーをインストールおよび更新したり、デバイスのハードウェア設定を変更したり、問題のトラブルシューティングを行ったりすることができます。


デバイスマネージャーを起動する

コントロールパネルを開く

スタートメニューなどからコントロールパネルを開いた時に "表示方法:カテゴリ" となっている場合は "表示方法:小さいアイコン" に変更しましょう。

表示方法:カテゴリ

表示方法:小さいアイコン

コントロールパネルの表示方法を "小さいアイコン" に変更すると、「デバイスマネージャー」が現れるのでクリックして起動します。


ショートカットを作成する

デバイスマネージャーはコントロールパネル経由で起動しますが、コントロールパネルを経由せずにデバイスマネージャーを起動できるショートカットを作成します。

A. コントロールパネルからショートカットを作成する方法
B. ショートカットの作成画面にコマンドを記述する方法


A. コントロールパネルからショートカットを作成する方法

1. コントロールパネルを開き "表示方法:小さいアイコン" にする
2. デバイスマネージャーを右クリックする
3. コンテキストメニューから "ショートカットの作成" を選択する

4. デスクトップにデバイスマネージャーアイコンが作成される

5. 手順終了


B. ショートカットの作成画面にコマンドを記述する方法

1. 「ショートカットの作成」画面を表示する
  • デスクトップを右クリック - 新規作成 - ショートカット

ショートカットの作成画面

2. コマンドを入力し次へをクリックする
「項目の場所を入力してください」に次のいずれかのコマンドを入力する。
  • devmgmt.msc
  • hdwwiz.cpl
  • mmc.exe devmgmt.msc
  • C:\WINDOWS\system32\devmgmt.msc
  • C:\Windows\System32\control.exe /name Microsoft.DeviceManager

devmgmt.msc の入力例

3. ショートカットに名前をつける
"デバイスマネージャー"など判別できる名前をつけましょう。
4. 完了をクリックするとデスクトップにショートカットが作成されます
5. 手順終了


"ファイル名を指定して実行" から起動する

前述のコマンドは "ファイル名を指定して実行" でも機能します。

hdwwiz.cpl と入力した画面


おわり

7/26/2017

MPC-HC 1.7.13 最終バージョンリリース

2017-07-26
MPC-HC 1.7.13 最終バージョンリリース

検証:Windows 7 32bit/64bit,


MPC-HC の終焉


ソフトウェア情報:
MPC-HC 1.7.13 2017-07-16,
Copyright c 2002-2017, Active:Goran 'vBm' Džaferi, JellyFrog, kasper93, XhmikosR

バージョン 1.7.11 リリース時に "心機一転再始動" とアナウンスのあった MPC-HC(Media Player Classic - Home Cinema) ですが、1.7.13 のリリースをもってプロジェクト活動停止となりました。

安定動作しているので最終版を末永く使用させて頂こうと思います。開発チームの皆様これまでご苦労様でした。

ダウンロードは文頭 Link から辿れます。
32bit/64bit の Installer/7z/ZIP が用意されています。


--
出典:v1.7.13 is released and farewell

Google 翻訳(原文は上記リンクを参照)
v1.7.13、最新の、おそらく私たちのプロジェクトの最後のリリース...

現在数カ月、あるいは数年の間、アクティブな開発者の数は減少しており、必然的にゼロになっています。残念ながら、これはプロジェクトが正式に死んでいることを意味し、このリリースは最後のものになります。

... ある人がそれを上げない限り。

ですから、誰かが本当に貢献してC / C ++の経験があれば、IRCや電子メールで教えてください。さもなければ、すべてのものが終わり、人生は続く。素晴らしい旅でした。私は個人的にこの投稿を書くことに圧倒されています。

何年にもわたって貢献してくださった皆様に感謝します。MPC-HCは11歳のプロジェクトです。私たちの公式ビルドは、安定版ビルドとベータビルドの両方がデジタル署名されていることを忘れないでください。詐欺に気付き、弊社のサイトからのみファイルを入手してください!
--


なお、MPC-HC をベースに開発されている MPC-BE は開発継続中かもしれません。サムネイルプレビュー機能がついてます。(Link)


おわり

7/25/2017

Microsoft Security Essentials の暴走対策

更新:2017-07-25
初稿:2017-05-22
Microsoft Security Essentials の暴走対策

検証:Windows 7, Microsoft Security Essentials


Microsoft Security Essentials


ソフトウェア情報:
Microsoft Security Essentials, c 2016 Microsoft. All rights reserved.
エンジンのバージョン: 1.1.14104.0
ネットワーク検査システム エンジンのバージョン: 2.1.13804.0
Microsoft Security Essentials は、パーソナル コンピューター向けの無料のウイルス対策ソフトウェアで、ウイルス、スパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアに対するリアルタイム保護機能を提供します。


暴走対策

パソコンを起動して数分後に MsMpEng.exe プロセス が CPU を占有する症状が現れたら、Microsoft Security Essentials (MSE) の設定を見直すことで改善する可能性があります。

海外で同様の症状に遭遇している方が対処方法を記述していたので紹介します。

出典:How to fix MsMpEng.exe High CPU Usage problem
1. Check and Clean your computer from Malware.
2. Uninstall & Re-install Microsoft Security Essentials.
3. Exclude "MsMpEng.exe" file from scanning.
4. Re-Schedule MSE scanning time or Disable Real-Time Protection.
5. Install another antivirus program on your computer.

私は "手順3." で症状が緩和されましたが、MSE 爆走症状は頻繁に出現するので "手順2."、"手順3." をセットで実施することをお勧めします。
手順2. MSEをアンインストール後に再インストールする
手順3. MSEのスキャン対象から自分自身 (MsMpEng.exe) を除外する

以下は "手順3." をメモしています。


Exclude "MsMpEng.exe" file from scanning

MSE のスキャン対象から MsMpEng.exe を除外する手順

1. 設定画面を表示する

Microsoft Security Essentials - 設定タブ - 除外されたファイルと場所

2. MsMpEng.exe を指定する

[参照] をクリックして MsMpEng.exe を選択したら [OK] をクリックする。
C:\Program Files\Microsoft Security Client\MsMpEng.exe

3. MsMpEng.exe を追加する

除外されたファイルと場所の設定画面に戻るので、
ファイルの場所: C:\Program Files\Microsoft Security Client\MsMpEng.exe; と表示されていることを確認したら [追加] をクリックする。

4. 変更の保存

名前の下に C:\Program Files\Microsoft Security Client\MsMpEng.exe が表示されていることを確認したら [変更の保存] をクリックする。

5. ユーザー アカウント制御

ユーザー アカウント制御が起動するので [はい] をクリックする。


6. 手順終了

除外されたファイルと場所の設定画面に戻るので、MsMpEng.exe が登録されたことを確認してください。


おわり

Thunderbird アドオンのバージョンチェックを回避するワザ

2017-07-25
Thunderbird アドオンのバージョンチェックを回避するワザ

検証:Thunderbird 52.2.1, Windows 7 32bit,


Ruler Bar


アドオン情報:
ルーラーバー (Ruler Bar)  0.4.2011020301, 作者: Piro (piro_or)
Ruler Bar は Thunderbird のメール作成ウィンドウの上部にルーラー(目盛り)を追加するアドオンです。

Ruler Bar の動作環境

Ruler Bar はインストール可能な Thunderbird のターゲットバージョンが低いため最近の Thunderbird にはインストールすることができません。

Ruler Bar が動作する環境:
Thunderbird 3.0 - 3.1.*

アドオンのバージョンチェックを回避するワザ

Thunderbird 3.0 - 3.1.* にしか対応していない Ruler Bar を Thunderbird 52.2.1 にインストールしてみます。


1. install.rdf の抽出

ruler_bar-0.4.2011020301-tb.xpi をダウンロードして、ファイルに含まれる install.rdf を抽出します。
Thunderbird アドオンの拡張子 .xpi ファイルは .zip形式に対応したアーカイバーで操作することができるので install.rdf のみ抽出するか全てのファイルを解凍します。

ruler_bar-0.4.2011020301-tb.xpi フォルダ構成


2. install.rdf を編集する

install.rdf の実体はテキスト形式のファイルなので、お好みのテキストエディタで開いて maxVersion の値を修正して上書き保存します。

Ruler Bar の場合、39行目に maxVersion の記述を見つけることができます。
修正前: em:maxVersion="3.1.*"
修正後: em:maxVersion="52.*.*"

install.rdf の内容

3. 修正後した install.rdf に置き換える

修正した install.rdf を ruler_bar-0.4.2011020301-tb.xpi のオリジナル install.rdf と置き換えます。
全てのファイルを解凍した場合は、新しい install.rdf と置き換えた後 zip圧縮後に拡張子を .xpi に変更してください。

アーカイバー Lhaz は閲覧画面からドラッグ&ドロップで install.rdf のみを入れ替えることができるのでお勧めです。


4. ruler_bar-0.4.2011020301-tb.xpi をインストールする

アドオンマネージャー - 歯車 - ファイルからアドオンをインストール

5. 手順終了


おわり

7/24/2017

Thunderbird - 操作性が向上するアドオンのメモ

2017-07-24
Thunderbird - 操作性が向上するアドオンのメモ

検証:Thunderbird 52.2.1, Windows 7 32bit,


Thunderbird-addon


以下の Thunderbird-addon についてメモしています。
  • Maximize Message Pane, 
  • Toggle Word Wrap, 
  • Toolbar Buttons, 
  • Ruler Bar *1
*1:install.rdf の修正が必要な場合があります


Maximize Message Pane

動作環境:Thunderbird 52.0 - 52.*
スレッドペインやフォルダペインを非表示にし、メッセージペインを広げます。より広い領域でメッセージを読めるようになります。


Toggle Word Wrap

動作環境:Thunderbird 15.0 - 49.0
メッセージの構成ウィンドウとHTML表示ウィンドウで、それぞれ、単語の折り返しとPREの要素の折り返しを切り替えます。


Toolbar Buttons

動作環境:Thunderbird 20.0 - 41.0
Firefox、Thunderbird、SeaMonkeyなどのいくつかのプログラムのツールバーのカスタマイズツールバーにツールバーのボタンを追加します。ボタンの中には、一般的にあらかじめ作成されたアクションを速くするものと、新しい機能を追加するものがあります。


ルーラーバー (Ruler Bar)

動作環境:Thunderbird 3.0 - 3.1.*
メール作成ウィンドウの上部にルーラー(目盛り)を追加します。


インストールエラーを回避する方法

Thunderbird の動作バージョンが 3.0-3.1.* なので、ほとんどの Thunderbird でバージョンチェックに引っかかりインストールエラーになると思います。

Ruler Bar をインストールするには .xpi ファイルに同梱される install.rdf の記述を書き換えます。

おわり

7/23/2017

Thunderbird - mail.compose.wrap_to_window_width が設定エディターから消えた

記述:2017-07-23
件名:Thunderbird - mail.compose.wrap_to_window_width が設定エディターから消えた
検証:Thunderbird 52.2.1/45.8.0, Windows 7 32bit/64bit,
Link:Directory Listing: /pub/thunderbird/releases/
タグ:Thunderbird


Thunderbird Version 45.8.0 は設定エディター(about:config)を起動し、設定名 mail.compose.wrap_to_window_width の値を変更することでメール作成時の "ウィンドウの右端で折り返す" 設定を有効または無効にすることができます。

about:config - Thunderbird 45.8.0
設定名:mail.compose.wrap_to_window_width が存在する


仕様変更なのでしょうか?
Thunderbird Version 52.2.1 は設定名 mail.compose.wrap_to_window_width が存在しません。

about:config - Thunderbird 52.2.1
設定名: mail.compose.wrap_to_window_width が存在しない

---
継続調査中です。


---

Thunderbird の過去バージョンを入手する方法

Thunderbird の過去バージョンは以下のリンクから入手できます。
Directory Listing: /pub/thunderbird/releases/
Thunderbird は個別のフォルダにインストールすると異なるバージョンを共存させることができるので、検証用バージョンはバージョンに対応したフォルダ名にインストールしています。



おわり

7/22/2017

Thunderbird - Toggle Word Wrap アドオンで 72バイト改行を ON/OFFしよう

2017-07-22
Thunderbird - Toggle Word Wrap アドオンで
72バイト改行を ON/OFFしよう

検証:Thunderbird 52.2.1, Toggle Word Wrap 1.10,


Toggle Word Wrap アドオン


アドオン情報:
Toggle Word Wrap 1.10, 作者: Kaspar Brand
メッセージの構成ウィンドウとHTML表示ウィンドウで、それぞれ、ワードラップとPRE要素の折り返しを切り替えます。


Thunderbird の送信動作

Thunderbird は 72バイトごとに改行コードを挿入してメール送信する仕様になっています。この仕様は設定エディターから変更することが可能で、mailnews.wraplength で定義されています。

設定エディターの起動方法

・オプション - 詳細 - 設定エディター


小さいディスプレイで表示する場合の弊害

スマホなど一行に72バイト(全角36文字)表示できない端末で Thunderbird から送信されたメールを表示すると、72バイト毎に段落が変わるため読みにくくなります。

スマホの受信例



72バイト改行を ON/OFF することができるアドオン Toggle Word Wrap をメモします。


Toggle Word Wrap のインストール


Toggle Word Wrap の使い方

Toggle Word Wrap をインストールするとメール作成画面のオプションに "Enable Word Wrap" が表示され 72文字改行の ON/OFF が選択できるようになります。チェックを外すと作成中のメールに限り mailnews.wraplength の設定値が無効になります。

自動改行を永久に無効にするには

Thunderbird の設定エディタを起動して mailnews.wraplength=0 に変更すると自動的に改行されることはなくなります。


おわり

7/20/2017

Thunderbird - 宛先行数のデフォルト値を変更する方法

2017-07-20
Thunderbird - 宛先行数のデフォルト値を変更する方法

検証:Thunderbird 52.2.1, Windows 7 32bit,


Thunderbird Tips


Thunderbird のメール作成画面の宛先行数はデフォルト値3(3行表示)です。
このデフォルト値はカスタマイズすることが可能です。

宛先の初期値3


宛先行数をカスタマイズする手順

1. 設定エディターを起動する

オプション - 詳細 - 設定エディター - [危険性を承知の上で使用する]

動作保障対象外になる旨の警告が表示されます。
動作保証対象外になります!
プログラムの高度な設定を変更すると、安定性、セキュリティ、パフォーマンスに深刻な問題を引き起こす恐れがあります。設定変更による影響を完全に理解している場合に限ってご利用ください。

[危険性を承知の上で使用する] をクリックしないと先に進めないので、承知できない方はカスタマイズを諦めて引き返しましょう。

承知できる方は次のステップへどうぞ。


2. 検索欄に "address" と入力する

設定エディターの検索欄に "address" と入力し次の設定名を探す。
設定名mail.compose.addresswidget.numRowsShownDefault
状態初期設定値
整数値
3

address と入力した画面

3. mail.compose.addresswidget.numRowsShownDefault をダブルクリックして値を変更する

「整数値を入力してください」というダイアログが現れるので、表示したい行数を整数で入力し [OK] をクリックする。

初期設定値3 を 2に変更したところ

状態が「初期設定値」から「ユーザー設定」に変わり、変更後の数値が表示されていることを確認する。

4. メール作成画面を表示して設定した行数になっていることを確認する

メール作成画面:宛先行数2行(ユーザー設定)

5. 手順終了


あとがき

宛先行数を "1" にすると宛先にアドレスを入力後リターンを押しても、下に宛先行が追加されなくなるのでお勧めできません。


おわり

7/19/2017

Thunderbird を再インストールして初期化する手順

2017-07-20
Thunderbird を再インストールして初期化する手順

検証:Thunderbird 52.2.1, Windows 7 32bit,


Thunderbird Tips


Thunderbird の動作が不安定になった時は初期化することをお勧めします。
初期化する方法は2通りあります。
  1. 新規プロファイルを作成する(Link
  2. 再インストールする

ここでは Thunderbird を再インストールして初期化する手順をメモします。新規プロファイルを作成して初期化する手順は別エントリで記述しています。


Thunderbird を再インストールして初期化する手順

Thunderbird を初期化する目的で再インストールする場合は、アンインストール後に Profiles フォルダを削除してから再インストールしましょう。


1. Thunderbird をアンインストールする

コントロールパネルから「プログラムと機能」を起動し Thunderbird をアンインストールします。


2. Profiles フォルダの削除

Thunderbird の設定情報が格納されている Profiles フォルダを削除します。Profiles フォルダは2か所存在します。
  • C:\Users\<login user>\AppData\Local\Thunderbird\Profiles
  • C:\Users\<login user>\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles

3. Thunderbird を再インストールする

4. Thunderbird を起動し設定する

5. 手順終了



Profiles フォルダ

Profiles にはこれまで受信したメールが格納されているので、必要に応じてバックアップするなどの対策を講じてください。


POP3 は要注意です

Thunderbird の受信サーバー設定が POP3 プロトコルかつ、 "サーバーにメールを残す" オプションを有効にしていない場合は、Profiles フォルダを削除するとそれまで受信したメールは消失します。

古いプロファイルのメールを新しいプロファイルにインポートするには、拡張機能 ImportExportTools をインストールしましょう。(Link


IMAP は大丈夫

受信サーバーが IMAP プロトコルの場合はサーバーのメールを Thunderbird で表示しているだけなので問題ありません。


Link:新規プロファイルを作成して初期化する手順,

おわり

Thunderbird に 新規プロファイルを作成して初期化する手順

2017-07-19
Thunderbird に 新規プロファイルを作成して初期化する手順

検証:Thunderbird 52.2.1, Windows 7 32bit,


Thunderbird Tips


Thunderbird の動作が不安定になった場合は初期化することをお勧めします。初期化する方法は2通りあります。
  1. 新規プロファイルを作成する
  2. 再インストールする(Link

ここでは新規プロファイルを作成して Thunderbird を初期化する手順をメモします。再インストールの手順は別エントリで記述しています。


新規プロファイルを作成して初期化する手順

1. プロファイルマネージャーを起動する

プロファイルマネージャーはメニュー画面から起動することができないので、「ファイル名を指定して実行」から起動します。

ファイル名を指定して実行(Win+R) - [名前:thunderbird.exe -p]

2. [新しいプロファイルを作成] をクリックする



3. プロファイル作成ウィザードの開始

[次へ]をクリックする


4. プロファイル作成ウィザードの完了

新しいプロファイルの名前を入力して完了をクリックする
同名のプロファイルがあるときは [完了] がグレーアウトしているためクリックできないようになってます

5. 新規作成したプロフィールを選択し Thunderbird を起動する

☑今後このプロファイルを使用する にチェックがついていることを確認し、[Thunderbird を起動]をクリックする

6. 手順終了



プロファイルはバックアップを取りましょう

プロファイルはとても重要なフォルダなのでバックアップを取りましょう。
出典:Thunderbird のプロファイル
Thunderbird のプロファイルには、主に二つのアイテムが格納されています。一つは、あなたのローカルのメールとサーバー上のメールのコピーです。もう一つは、アカウント設定やツールバーのカスタマイズなど、あなたが Thunderbird に行った変更です。

POP3 は要注意です

Thunderbird の受信サーバー設定が POP3 プロトコルかつ、 "サーバーにメールを残す" オプションを有効にしていない場合は、Profiles フォルダを削除するとそれまで受信したメールは消失します。

古いプロファイルのメールを新しいプロファイルにインポートするには、拡張機能 ImportExportTools をインストールしましょう。(Link


IMAP は大丈夫

受信サーバーが IMAP プロトコルの場合はサーバーのメールを Thunderbird で表示しているだけなので問題ありません。


profiles.ini の場所

C:\Users\<login user>\AppData\Roaming\Thunderbird\profiles.ini


Link:

おわり