2017/05/31

Fix It で生成される MATS フォルダを削除した

記述:2017-05-31
件名:Fix It で生成される MATS フォルダを削除した
検証:Windows 7
関連:プログラムのアンインストールの失敗を解決する,
Link:Microsoft easy fix,


パソコンの Cドライブ直下に初見のフォルダ「MATS」を見つけました。

c:\MATS

-
289MB のビッグサイズです。


---

MATSフォルダの正体


MATSフォルダには、FileBackup,Windows,system32,WinSxS,などの馴染みのあるフォルダがあったのでバックアップフォルダと想定しググったところ Microsoft easy fix(Fix It) のバックアップファイルらしいことがわかりました。そして、速攻で削除しましたが今のところ不具合はありません。

削除前の手順

いきなり削除するのは危険なので次の手順をお勧めします。

1. MATS をリネームする(MATSx など)
2. パソコンに不具合が出ないか様子を見る
3. 異常なければ削除する

---

MATS フォルダの考察

Safe to delete MATS folder after running FixIt - Microsoft Community
(引用ここから)
From everything I am seeing, it should be fine to delete this folder.
That being said, let's rename it first to see if we get any bad behavior.  If not, then we can delete it without any risk of harm.
(引用おわり)
Google 翻訳
私が見ているすべてのものから、このフォルダを削除するのがいいでしょう。
 それが最初に名前を変えて、悪い行為があるかどうかを見てみましょう。もしそうでなければ、害の危険なしに削除することができます。

おわり

2017/05/30

802.1x - 0001docomo をパソコンに設定する手順

記述:2017-05-30
件名:802.1x - 0001docomo をパソコンに設定する手順
検証:Windows 7 32bit/64bit,


docomo Wi-Fi のアクセスポイント

docomo Wi-Fi のアクセスポイントは3種類存在します。
1. 0000docomo
2. 0001docomo
3. docomo ※WEP のため全国的に廃止しています
docomo Wi-Fi はドコモが指定するパケット定額サービスを契約すると月額300円が無料になるので、利用しているかは別として契約している方は多いと思われます。

0001docomo と 802.1x 認証

0001docomo は 802.1x 認証に対応したアクセスポイントです。0001docomo の接続設定をしたパソコンは docomo Wi-Fi のサービスエリアで 0001docomo が存在する環境では、ブラウザ経由の認証手順が不要になります。ID/パスワード の入力手順を省略できるのでインターネットの使い勝手がよくなります。
「ワイヤレスネットワークの管理」で 0000docomo より 0001docomo を上位に置くと、0001docomo の接続を優先するようになります。

パソコンに 802.1x 認証設定する手順は少々煩雑です。
その手順を以下にメモします。

---

0001docomo 設定手順

1. 設定画面を表示する
・コントロール パネル - すべてのコントロール パネル項目 - ネットワークと共有センター - ワイヤレスネットワークの管理

ワイヤレスネットワークの管理


2. ワイヤレスネットワーク一覧に 0001docomo が存在する場合は 0001docomo をダブルクリックする。存在しない場合は、「追加」をクリックする。

(0001docomo が存在する例)

3. 0001docomo ワイヤレスネットワークのプロパティ

3-1. 接続タブ
ON:このネットワークが接続範囲内に入ると自動的に接続する(M)

3-2. セキュリティタブ
・セキュリティの種類:WPA2 - エンタープライズ
・暗号化の種類:AES
・ネットワーク認証方法の選択(O):Microsoft: 保護されたEAP(PEAP)
-ON:ログオンするたびに、この接続用の資格情報を使用する(R)



3-3. セキュリティタブ - Microsoft: 保護された EAP(PEAP) 設定

(保護された EAP のプロパティ)
ON:サーバーの証明書を検証する(V)
・信頼されたルート証明機関(R): VeriSign Class 3 Public Primary Certification Authority - G5
・認証方法を選択する(S): セキュリティで保護されたパスワード(EAP-MSCHAP v2
- 構成 - 接続のための認証方法:OFF- Windows のログオン名とパスワード(およびドメインがある場合はドメイン)を自動的に使う(A)


3-4. セキュリティタブ - 詳細設定

(802.1X の設定)
ON: 認証モードを指定する(P):ユーザー認証


- 資格情報の置換 - Windows セキュリティ画面:
・ユーザー名、パスワードは docomo Wi-Fi の ID,パスワードを入力する



おわり

2017/05/29

WinSAT.exe の無効化 - Windows エクスペリエンスインデックス

記述:2017-05-29
件名:WinSAT.exe の無効化 - Windows エクスペリエンスインデックス
検証:Windows 7 32bit/64bit,


Windows エクスペリエンスインデックス

パソコンの電源を入れるといきなりコマンドプロンプトが現れ、WinSAT.exeという初見のプログラムが動き出し Windowsシステム評価なるものが走り出した。

調べたところ WinSAT.exeは 「Windows エクスペリエンスインデックス」というベンチマーク機能を提供するプログラムだとわかりました。

(コントロール パネル - システムとセキュリティ - システム)

Windows エクスペリエンスインデックスは中古販売業など特定の業界の方々には重宝されていた機能のようですが、私にとっては突然パソコンの CPUパワーを奪うだけのうざいプログラムでしかありません。

Windows 8 では Windows エクスペリエンスインデックス機能は削除されましたが、Windows 10 ではスケジューリングされてないものの隠しコマンドとして復活しているようです。(マイナビ

---

winSAT.exe が起動するタイミング

出典:Microsoft community
アクティブな電源プランに関係なく、Windowsはアイドル時間をカウントし続けます。15分のアイドル時間が経過すると、アイドル状態のスケジュールされたタスクの一部としてWinSATがアクティブになります。WinSATは有効な電源プランをHigh Performanceに変更します。これは、表示アイドル時間が15分を超えています。High Performanceプランがアクティブになり、アイドル時間が15分を経過すると、ディスプレイはオフになります。
---

WinSAT.exe の動作を抑制する方法

WinSAT.exe がタスクスケジューラに登録されているとスケジュール通りにプロセスが起動します。プロセス起動を回避するには、タスクスケジューラの WinSATエントリを無効化することになります。

WinSAT を無効にした画面


---

Winsat.exe を無効にする手順


1. タスクスケジューラの起動
・管理ツール - タスクスケジューラ

2. WinSATエントリの表示
・管理ツール - タスク スケジューラ - タスクスケジューラライブラリ - Microsoft - Windows - Maintenance - WinSAT

3. WinSATを無効化する
・WinSatを右クリックし無効化を選択する


おわり

2017/05/28

Google Update を無効にする手順

日付:2017-05-28
件名:Google Update を無効にする手順
検証:Windows 7 32bit/64bit,


Google Update とは

Google Update は Google製品を最新の状態に保つためのプログラムです。パソコンを起動すると同時にサービスが開始されプロセスとして常駐し、パソコンをシャットダウンするまで動作します。

私は Google 製品を常に最新の状態にしておきたいとは考えてないので、Google Update プロセスが自動的に起動しないようにチューニングしています。

--
Google Update プロセスが自動起動しないようにする設定をメモします。

とはいえ、Chrome を手動でアップデートすると Google Update サービスが復活することが多いので、チューニング項目はまめにチェックする必要があります。


---

Google Update を自動起動させないためのチェックポイント

チェックポイント概要

  1. レジストリ
  2. スタートアップ
  3. タスクスケジューラー
  4. サービス
--
チェックポイント概要の詳細は以下の通りです。

1. レジストリ

\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
・Run に登録された 「Google Update」を削除する

2. スタートアップ

ファイル名を指定して実行(Win+R): msconfig
・コントロール パネル - すべてのコントロール パネル項目 - 管理ツール - システム構成
・C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup
・スタートメニュー - 全てのプログラム - スタートアップ

※Google Update関連の項目のチェックを外す

システム構成ツール(msconfig)は Run、スタートアップフォルダに登録されたプログラムを一括抽出して表示します。


3. タスクスケジューラー

ファイル名を指定して実行(Win+R): taskschd.msc
・コントロール パネル - すべてのコントロール パネル項目 - 管理ツール - タスク スケジューラ

・GoogleUpdateTaskMachineCore:無効
・GoogleUpdateTaskMachineUA:無効

4. サービス

ファイル名を指定して実行(Win+R): services.msc
・コントロール パネル - すべてのコントロール パネル項目 - 管理ツール - サービス

サービス停止後スタートアップの種類を「手動」にする
・Google Update サービス (gupdate)
・Google Update サービス (gupdatem)


---
タスクスケジューラは盲点でした。


おわり

2017/05/27

Wondershare Player の痕跡を削除する手順

記述:2017-05-27
件名:Wondershare Player の痕跡を削除する手順
参考:Wondershare Player の評価・評判・レビュー - フリーソフト100
参考:キーロガーか?百度の「Baidu IME」と「Simeji」が入力情報を収集 | iPod LOVE
参考:Lenovo製PCに入っている極悪アドウェア「Superfish」はどれだけヤバイのか? - GIGAZINE


パソコンのセキュリティチェックを実行したところ、スタートアップから以下の項目を外すよう警告された。
Wondershare Application Framework Service

Wondershare を調べたら Wondershare Player という中華製メディアプレイヤーで提供終了となっていた。

「プログラムと機能」の一覧に Wondershare Player は表示されないので、アンインストールされたとみせかけて Wondershare Application Framework Service がパソコン情報を漁っていたようです。

中華製品は Lenovo にバックドア、Baidu IME, Simeji にキーロガーなどを仕込み、利用者に無断で情報を収集しようとするクセがあります。日本を仮想敵国に設定している中華の製品を利用するには高いスキルが必要です。

これまで情報を抜かれていたかと思うと、悲しいです。
皆様さまもお気をつけくださいませ。


---

Wondershare Player の痕跡を消す方法


1. サービスを停止しスタートアップの種類を「無効」にする

・Wondershare Application Framework Service

(サービス名:WsAppService、表示名:Wondershare Application Framework Service)


2. プロセスの停止

タスクマネージャーを起動して Wondershare と思われるプロセスを停止します。よくわからない場合は、1. を実行後にパソコンを再起動します。

3. Wondershare 関連フォルダの削除

(Wondershare 関連フォルダ)
※環境により存在しないフォルダもあります

・C:\Program Files\Wondershare
・C:\Program Files\Common Files\Wondershare
・C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Wondershare
・C:\Program Files\Common Files\Wondershare\Wondershare Helper Compact

上記フォルダを削除する過程において「使用しています」などのエラーメッセージが出る場合は、Wondershare関連のプロセスが稼働しているので、パソコンを再起動後に処理しましょう。

---
※以下は意味の分かる方向け

4. サービスの削除

Wondershare Application Framework Service を「無効」にすれば自動で起動することはなくなりますが、レジストリには痕跡が残ったままなので不安です。

この不安を解消するには、サービスとして登録された Wondershare Application Framework Service を削除します。コマンドプロンプトを操作します。

4-1. 管理者モードでコマンドプロンプトを起動する
4-2. コマンドを入力
 ※サービス名:WsAppService

>sc delete WsAppService


5. 手順終了


---
Wondershare Player は提供終了となっています。(2017-05-27現在)

(本家サイトから引用)
https://www.wondershare.jp/video-player/
お知らせ:本製品にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。現在、Wondershare Playは提供終了となっております。

https://www.wondershare.jp/company/overview.html
代表取締役社長:王 博
代表取締役:呉 太兵(ワンダーシェアー中国CEO)
(引用終わり)

---
参考:Baidu.jp プレスリリース(2013年12月26日)
一部の報道に対する弊社の見解|Baidu Japan
(引用開始)
2.クラウド入力について
Baidu IMEおよびSimejiではクラウド入力を提供しており、最新の言語などをサーバーを通して変換できる便利な変換方法を提供しております。クラウド入力はセキュリティが確保された通信方式を採用しており、サーバーに送られたデータは厳重に管理しております。
弊社のサービスは、機密性の高い情報を扱うクラウドサービス業者と同レベルのデータ管理を行っていると認識しております。
(引用おわり)

おわり

2017/05/26

Robin - factory Image を入手してバージョンダウンする手順

記述:2017-05-26
件名:Robin - factory Image を入手してバージョンダウンする手順
検証:Nextbit Robin, 00WW_1_450: 1450.zip
関連:Robin,


Robin の未来はない

Nextbitは Razerに買収されたので、Robinのサポートは 2018年2月までとなりました。Robin端末の通知に表示されるメッセージに従いアップデートすると Android バージョンは以下のようになります。(2017-05-26現在)
・Android Version: 7.0
・Android Security Patch Level: January 2017
・Build number: Robin_Nougat_88

Robinを Android 7.0 にアップデートしたら音楽再生中にひっかかるように途切れて再生されたり、イヤホンを挿してしばらくするとバリバリという雑音が発生するようになったので、安定していたバージョン 6.0.1 にダウングレードした手順をメモします。

---

Factory Image

Nextbit はカスタムロムの導入、ルート化を禁止していないため Robin をカスタムしても端末保障は継続されます。そしてカスタムに起因する不具合が発生した際には Robin を工場出荷状態に戻せるよう、最新のファクトリーイメージ(Factory Image)と導入手順を公開しています。

Nextbit が提供する Factory Image を導入するには、Robin のブートローダーをアンロックしなければなりませんがその方法についての記述はありません。「ブートローダーを解除しておけよ」と注意書きがあるのみです。
How to flash back to the stock Nextbit OS – Nextbit Help
**YOU MUST HAVE YOUR BOOTLOADER UNLOCKED**

---

Nextbit Robin をバージョンダウンする方法

全体の流れ

1. ブートローダー(bootloader)をアンロックする
2. バージョン 6.0.1 の Factory Image を入手する
3. Factory Image を Robin に転送する

--

詳細手順

1. bootloader をアンロックする

※ bootloaderをアンロックすると Robin のデータは初期化されます。必要に応じてバックアップを取っておきましょう。

(パソコンの設定)
・ADB ドライバ, fastboot ドライバ, USB ドライバをインストールする
fastboot モードで起動した Robin を USB接続したパソコンから操作できるようにするため、ADBドライバ、fastboot ドライバ、USBドライバをインストールします。以下は必要最小限のセットです。
ADB Installer v1.4.3

(Robinの設定)
・開発者向けオプション:ON
・OEMロック解除:ON
・USBデバッグ:ON
開発者向けオプションは「設定」を開き、「端末情報」を7回タップすると現れます。

(bootloader をアンロックする)
1. Robin とパソコンを USBケーブルで接続する
2. コマンドプロンプトを起動する
3. fastboot -i 0x2c3f oem unlock と入力しリターン
4. 完了

fastboot コマンドが動作しない場合は、fastboot.exe のあるフォルダを開き、「Shift+右クリック」から「コマンド ウィンドウをここで開く」を選択します。

今回の手順では以下の通り。
・C:\Program Files\Minimal ADB and Fastboot

2. Factory Image をダウンロードする

Robin Factory Images and USB Driver | Razer Insider | Forum
・Android Version: Marshmallow 6.0.1
・Android Security Patch Level: 2016年9月1日
・Build number: 00WW_1_450

3. Factory Image を ROMへ焼きつける

How to flash back to the stock Nextbit OS – Nextbit Help

1. Plug your Robin into your PC
2. Boot your Robin into Fastboot mode (Power + Volume Down)
3. Unzip the file that you downloaded
4. Open a command window in the N88 folder (With the folder open, press Shift + Right click)
5. Type flash-all.bat and press Enter
6. Your phone will flash all the necessary files and reboot


おわり

2017/05/25

プログラムのアンインストールの失敗を解決する

記述:2017-05-25
件名:プログラムのアンインストールの失敗を解決する
検証:Windows 7 32bit、
Link:MicrosoftProgram_Install_and_Uninstall.meta.diagcab


Windows 7 の「プログラムと機能」を起動して不要なプログラムをアンインストールしようとしたところ、プロセスが途中で停止して先に進めなくなりました。今回はこの解決策をメモします。

---

「プログラムと機能」画面



---

アンインストール不具合の解決方法

マイクロソフト純正のトラブルシューティングツール Microsoft easy fix を利用してアンインストールの不具合を解決する方法です。

1. トラブルシューティング ツールをダウンロードする(Link
ダウンロードされるファイル
MicrosoftProgram_Install_and_Uninstall.meta.diagcab
2. MicrosoftProgram_Install_and_Uninstall.meta.diagcab をダブルクリックする
3. 画面に従い手順を進める
4. 「問題を検出しています」が終わるまで待つ
とても時間がかかるので気長に待ちましょう。
5. おわり

MicrosoftProgram_Install_and_Uninstall.meta.diagcab 起動画面




おわり

2017/05/24

Chrome エラー コード 4: 0x80070005 -- system level

記述:2017-05-24
件名:Chrome エラー コード 4: 0x80070005 -- system level


Google Chrome のアップデート実行中にエラーコードが表示され先に進めなくなったので解決策をメモします。
・Chrome エラー コード 4: 0x80070005 -- system level
---

chrome://help

※マニュアルアップデート
アドレスバーに chrome://help と入力するとバージョンチェックプロセスが動作し、Chrome の新バージョンがリリースされている場合は自動的に新バージョンがインストールされます。
・chrome://help

---

エラー コード 4: 0x80070005 を回避する方法

1. Google Chrome を管理者モードで起動する
2. アップデートプロセスを実行する(chrome://help)
3. おわり


Chrome を管理者モードで起動する方法

1. Chrome アイコンを右クリックする
2. ポップアップメニューから「管理者として実行(A)...」を選択する


3. おわり


おわり

2017/05/23

i8042prt/ ノートパソコンのキーボードを無効にする方法

記述:2017-05-23
件名:i8042prt/ ノートパソコンのキーボードを無効にする方法
検証:Windows XP/7

レジストリ操作を誤るとパソコンが動作しなくなるリスクがあるので細心の注意が必要です。レジストリを操作する前にバックアップを取っておきましょう!

---
ノートパソコンの複数のキーが打鍵しても反応しなくなったので、USB キーボードを接続しましたが、ノートパソコンと USB接続両方のキーボードが有効になっているため、何かの拍子でノートパソコンのキーボードが反応してしまうため入力作業に支障が出ていました。

故障したノートパソコンのキーボードが入力作業を邪魔しないよう無効化したのでメモします。

以下の方法はノートパソコンのキーボードとポインティングデバイスが動作しなくなるのであらかじめ USBマウスを接続しておきましょう。


---
レジストリを操作してノートパソコンのキーボードを無効にする方法

1. レジストリエディタを起動する
・「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示する(Win+R)
・名前に「regedit」と入力し、「OK」を押す
2. レジストリキー i8042prt を探す
・HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt
3. 「Start」の値を"4"に変更する
Start の値を変更する前にデフォルト表示されている値(上記例では3)をメモしておきます。ノートパソコンのキーボードを有効にする場合は控えておいた値に変更します。
4. パソコンを再起動する
5. おわり

---
(注意)
Start のデフォルト値は機種によって異なるかもしれません。("1"の場合あり)


おわり


2017/05/22

MSE:MsMpEng.exe が CPU を占有する問題の解決策

追記:2017-07-25

再び MsMpEng.exe が暴走しだしたので、英文サイトの手順 "2. Uninstall & Re-install Microsoft Security Essentials." を試したところ改善しました。


end.
---
記述:2017-05-22
件名:MSE:MsMpEng.exe が CPU を占有する問題の解決策
検証:Windows 7, Microsoft Security Essentials
出典:How to fix MsMpEng.exe High CPU Usage problem


私の環境では、Microsoft Security Essentials(MSE) を起動して数分後に MsMpEng.exe プロセスが CPU を占有し他のアプリケーション操作に支障が出る状態が発生していました。

解決策をググったところ、英文サイトで5つの解決策を見つけました。その中から、MsMpEng.exe を MSE のスキャン対象から外す方法が効果的でしたのでメモします。

---
出典サイトでは5つの対処策について詳細な記述がありますので、英文が苦にならない方は以下のリンクから直接ご覧ください。
(5つの解決策)
出典:How to fix MsMpEng.exe High CPU Usage problem - wintips.org - Windows Tips & How-tos

1. Check and Clean your computer from Malware.
2. Uninstall & Re-install Microsoft Security Essentials.
3. Exclude "MsMpEng.exe" file from scanning.
4. Re-Schedule MSE scanning time or Disable Real-Time Protection.
5. Install another antivirus program on your computer.
---

MSEのスキャン対象から MsMpEng.exe を除外する方法


1. MSE のメイン画面を表示する
2. 「設定」タブを選択する
3. 左のリストから「除外されたファイルと場所」を選択する
4. 「参照」ボタンを押す
5. C:\Program Files\Microsoft Security Client\MsMpEng.exe を選択し「OK」を押す
6. 設定画面に戻るので「追加」を押す
7. 「変更の保存」を押す
8. おわり


(「変更の保存」ボタンを押す画面)



おわり

2017/05/21

サクラエディタで空白行を削除する方法

記述:2017-05-21
件名:サクラエディタで空白行を削除する方法
検証:Windows 7, サクラエディタ 2.3.2.0, bregonig.dll 4.1.2
Link:サクラエディタ, K.Takata's software: bregonig.dll, Sakura Editor - Browse /sakura2 at SourceForge.net, サクラエディタBBS,


サクラエディタで空白行を削除する方法

サクラエディタで空白行を削除するには、置換ダイアログで正規表現を使います。
置換前:^\r\n
・置換後:null(空白)
・正規表現にチェック
・範囲:選択範囲 


チェックポイント1

正規表現のチェックボックスの下に正規表現ライブラリ bregonig.dll のバージョン情報が表示されていない場合は、サクラエディタは正規表現モジュールを認識していない状態ですので、サクラエディタのインストールフォルダ(sakura.exe と同じフォルダ)を開き、bregonig.dll がインストールされているかどうか確認しましょう。

チェックポイント2

bregonig.dll が見つからない場合は、文頭リンクから正規表現ライブラリをダウンロードしbregonig.dll をコピーしてください。bregonig.dll が存在するのに認識されない場合は、最新の bregonig.dll をインストールしてみましょう。


---

その他の正規表現

出典:サクラエディタBBS

スペース/タブだけの行からスペース/タブを削除し空行にする
・置換前:^[ \t]+([\r\n])
・置換後:$1 
スペース/タブだけの行を削除する
・置換前:^[ \t]+[\r\n]+
・置換後:null(空白) 
何も無い空行を削除する
・置換前:^[\r\n]+
・置換後:null(空白) 
何も無い空行、またはスペース/タブのみの行を削除する
・置換前:^[ \t]*[\r\n]+
・置換後:null(空白)

置換操作をマクロ化する方法 
1.[Ctrl]+[Shift]+[M] でマクロ記録開始する
(タイトルバーを見て記録中なのを確認)
2.使いたい置換作業を1回やる
※この時に「範囲」を「選択範囲」にしておくと後々使いやすくなる
3.もう一度 [Ctrl]+[Shift]+[M] でマクロの記録終了
4.[Ctrl]+[M] でマクロをファイルとして保存する

マクロファイルの登録方法 
・共通設定 - マクロ に登録(一旦、共通設定を [OK] で閉じる)
・共通設定 - カスタムメニュー で 右クリックメニュー に登録

マクロ作成時に「範囲」を「選択範囲」にしておくと、マクロ実行時に以下の動作となります。
・範囲選択してからマクロを実行する: 選択範囲にのみ処理される
・範囲選択しないでマクロを実行する: ファイル全体に対して処理される

(出典おわり)


おわり

2017/05/20

Microsoft Silverlight のバージョンを確認する方法

記述:2017-05-20
件名:Microsoft Silverlight のバージョンを確認する方法
検証:Windows 7 64bit


Microsoft Silverlight のバージョンを確認する方法は2通りあります。
1. インストールフォルダ配下のバージョンフォルダを確認する
2. インターネットのプロパティから確認する

以下にそれぞれの方法をメモします。

---

Microsoft Silverlight のバージョンを確認する方法

1. インストールフォルダ配下のバージョンフォルダを確認する

※以下は Windows 7 64bit の例です

Silverlight 64bit
・C:\Program Files\Microsoft Silverlight

Silverlight 32bit
・C:\Program Files (x86)\Microsoft Silverlight

※5.1.50906.0(2017-05-20現在)

-

2. インターネットのプロパティから確認する

(インターネットのプロパティを表示させる方法)
・コントロールパネルから探す
・Internet Explorer を起動、ツール:インターネットオプション

2-1. インターネットのプロパティ - プログラムタブ:アドオンの管理


2-2. アドオンの管理 - ツールバーと拡張機能:Microsoft Silverlight


おわり

2017/05/19

IrfanView 4.44 日本語化

記述:2017-05-19
件名:IrfanView 4.44 日本語化
検証:IrfanView 4.44-64bit
Link:irfanview.comIrfanView 64-bit version, 取り敢えずIrfanView32日本語モジュール公開場


IrfanView 4.44 日本語モジュールは以下のサイトから入手することができます。
取り敢えずIrfanView32日本語モジュール公開場


---

日本語モジュールの導入方法

※ IrfanView を終了させておくことをお勧めします

1. jpn44401.zip を入手し解凍する
2. Japanese.dll を IrfanView インストールフォルダ配下の Languages フォルダにコピーする



3. IrfanView を起動し Options(オプション) - Change langage(表示言語の変更) を選択する
4. JAPANESE.DLL Japanese 4.44 を選択して OKを押す


5. 手順終了


---
作者様の都合により IrfanView 日本語モジュールの開発はバージョン 4.44 で最後だそうです。
これまでお世話になりました。


(引用ここから)
http://irfanview.html.xdomain.jp/

まだまだ続けたい気持ちもあり不本意ですが、今回のバージョン(4.44)で「IrfanView」の日本語モジュール開発を引退いたします。
拙い翻訳等でしたが今までご愛用頂きありがとうございました。
「IrfanView」の開発はまだまだ続くのでしょうが、私は一足先に離脱させて頂きます。

10年以上の永きに渡りお付き合い頂き本当にありがとうございました。

2017年1月2日 悠綺
(引用ここまで)


おわり

2017/05/18

Windows Update 「更新プログラムを確認しています」から進まない時の対策

記述:2017-05-18
件名:Windows Update 「更新プログラムを確認しています」から進まない時の対策
検証:Windows 7 32bit/64bit,
Link:Microsoft Update カタログ,※IE以外のブラウザはエラーの場合あり


更新プログラムを確認しています

Windows Update を実行すると 「更新プログラムを確認しています」 と表示されたまま画面が変化せずフリーズしたように見えることがあります。このフリーズ状態は数時間続くこともありますが、実はしっかりと動作しています。

Windows Update の動作

Windows Update クライアントはインストール済み更新プログラムと Windows Update サーバーに格納された更新プログラムを照合し、ダウンロードする更新プログラムを選択しています。この照合プロセスがおそろしく時間を浪費しているのだと推測されます。

スタンドアロン更新プログラムパッケージ

照合プロセスを回避するには、Microsoft Update カタログからスタンドアロン更新プログラムパッケージを入手します。膨大な数のプログラムが掲載されているため、必要な更新プログラムのパッチ番号はあらかじめ調べておきましょう。※KBxxxxx

Windows Update カタログからドライバーや修正プログラムを含む更新プログラムをダウンロードする方法(Link

Microsoft Update カタログから
検索ワード:"Windows 7 セキュリティ 2017" で検索した結果(Link

---

スタンドアロン更新プログラムパッケージがフリーズする場合

スタンドアロン更新プログラムパッケージを実行してもまだ 「更新プログラムを確認しています」と表示されフリーズする場合は、以下の手順が有効かもしれません。

1. パソコンを再起動する

2. パソコンのインターネット環境を無効にする

・Ether ケーブルを外す
・内蔵 Wi-Fi の電源を切る、など 

3. スタンドアロン更新プログラムパッケージを実行する

4. 手順おわり


---

注意事項

スタンドアロン更新プログラムパッケージを実行するために、フリーズ状態の Windows Update クライアントをキャンセルする場合は、パソコンの再起動後にスタンドアロン更新プログラムパッケージを実行しましょう。再起動しないとフリーズ状態が再現します。

考察

スタンドアロン更新プログラムパッケージは必要な更新プログラムが全て入っているパッケージなので、インターネットからプログラムをダウンロードする動作は必要ないはずですが、パソコンのインターネット環境が有効になっていると Windows Update サーバに接続して照合プロセスを実行しようと試みるようです。


おわり

2017/05/16

肥大化した DataStoreフォルダをスリム化する方法

記述:2017-05-16
件名:肥大化した DataStoreフォルダをスリム化する方法
検証:Windows 7 ,Windows XP,


パソコン起動直後に HDD がフルアクセス状態になりしばらくの間 PCが思うように操作できない事象が頻発する場合は、DataStore フォルダをスリム化すると改善するかもしれません。

Windows XP では DataStore フォルダをスリム化すると症状が劇的に緩和されたのですが、Windows 7 では効果が実感できませんでした。

---

DataStore フォルダ肥大化の原因

Windows Update は適用した更新プログラムの履歴を DataStore.edb に追記しています。毎月10日前後に配信されるセキュリティパッチを適用すると DataStore.edb のファイルサイズが増加します。log フォルダのサイズも増加します。

Windows Update はユーザーのパソコンに適用されている更新プログラムを特定するために  DataStore.edb を検索します。DataStore.edb のファイルサイズが肥大化していると照合に時間がかかるため HDD のアクセス頻度が増加しパソコンの操作に支障が出てくるのだと推定されます。

---

DataStore.edb の場所

DataStore.edb は以下の場所にあります。
・C:\Windows\SoftwareDistribution\DataStore


私の環境では DataStore.edb のサイズは 744MBでした。(2017/05/16、Windows 7)

---

DataStore フォルダをスリム化する手順

1. WindowsUpdate サービスを停止する
2. DataStore フォルダ配下の 「Logsフォルダ」と「Datastore.edbファイル」を削除する
3. WindowsUpdate サービスを開始する
4. 手順終了

Logsフォルダ及び Datastore.edbファイルは WindowsUpdate サービス開始時に新しく生成されます。


おわり

2017/05/15

「既定のプログラム」を変更できない時はレジストリを確認しよう

記述:2017-05-15
件名:「既定のプログラム」を変更できない時はレジストリを確認しよう
検証:Windows 7, regedit、サクラエディタ


テキストファイルに関連付けるプログラムの変更に失敗したので解決策をメモします。

関連付けとは

Windows はファイルをダブルクリックするとファイルの拡張子に関連付けられたプログラムが起動します。たとえば readme.txt をダブルクリックすると "拡張子: .txt"と notepad.exe(メモ帳) が関連付けられているためメモ帳が起動します。
メモ帳の実行ファイルは以下の場所にあります。
・C:\Windows\System32\notepad.exe
---

標準手順

※関連付けに失敗した手順

1. 拡張子が .txt となっているファイルを右クリックし「プログラムから開く(H)」にカーソルを置く

2. サブメニューから「規定のプログラムの選択(C)...」をクリックする

3. 「この種類のファイルを開く時は、選択したプログラムをいつも使う(A)」にチェックを入れる

4. 「参照」ボタンを押し関連付けしたいプログラムを選択する
レジストリに問題がなければこの手順で関連付けが変更されます。今回は、サクラエディタ(sakura.exe)への関連付け変更を試みましたが反映されませんでした。

5. 手順終了

---

レジストリの操作について

本手順はレジストリを操作します。レジストリの操作を誤ると最悪の場合、パソコンが起動しなくなる可能性があるので、レジストリのバックアップを取っておくことをお勧めします。または、レジストリという単語が初見な方やパソコンに不慣れな方は手を出さないでください。

自己責任でチャレンジする方は読み進めてください。

--

レジストリを操作する手順

レジストリエディタを起動し関連付けに失敗するプログラムのレジストリキーを探します。レジストリキーが存在したならそのレジストリキーを削除後に前述の標準手順を実行する。

sakura.exe を削除する例

1. レジストリエディタを起動する(Win+R, 名前:regedit)
2. HKEY_CLASSES_ROOT\Applications から sakura.exe を探す
3. レジストリキー sakura.exe を削除
4. レジストリエディタを終了する
5. 標準手順 1~4 を実行する
6. 手順完了


---

レジストリエディタの起動方法

1. ファイル名を指定して実行ダイアログを起動する(Win+R)
2. 名前に regedit と入力し OK をクリックする



レジストリに不慣れな方はこの手順は諦めてください。

おわり

2017/05/14

Windows Updateエラー 80072EE2

記述:2017-05-14
件名:Windows Updateエラー 80072EE2
検証:Windows 7 32bit,


Windows Update の際にエラーコードが表示され先に進めなくなりました。

表示されたエラーコード

80072EE2

Windows ヘルプとサポートは Windows ファイアウォールの許可サイトに Windows Update 関連サイトを手動で追加するように書いてあります。

---

※Windows ヘルプとサポートから引用

更新プログラムのチェック中に Windows Update エラー 80072ee2 が発生した場合は、更新プログラムをダウンロードする Windows Update の Web サイトのアドレスを、ファイアウォールの例外の一覧または "許可" 一覧に追加しなければならない場合があります。
Windows ファイアウォールはこのバージョンの Windows に付属しており、既に次のサイトが例外の一覧に含まれていなければなりません。別のファイアウォールを使用する場合は、ソフトウェアに付属の説明書を参照して、ファイアウォールの例外の一覧に次の Web サイトを追加してください。
http://*.update.microsoft.com
https://*.update.microsoft.com
http://download.windowsupdate.com
(引用おわり)

---

Windows Update 80072EE2 エラーを解決する選択肢

A. Windows ファイアウォールを無効にする
B. Windows ファイアウォールの例外に Windows Update サイトを追加する
選択肢Bはインターネットエクスプローラーの信頼済みサイトに Windows Update サイトを登録する手順です。Windows ファイアウォールの設定は操作しないので紛らわしいです。

--

選択肢Bの手順

信頼済みサイトに登録する Windows Update サイトは3サイトです。
※ひとつずつ登録します
・http://*.update.microsoft.com
・https://*.update.microsoft.com
・http://download.windowsupdate.com
-
1. コントロールパネル - インターネットオプション
2. セキュリティタブ - 信頼済みサイト
3. サイトボタンをクリックする
4. 「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とする」のチェックを外す
5. Windows Update サイトを入力する
6. 3つのサイトを登録したら完了

http://*.update.microsoft.com を登録する例



3つのサイトを登録した画面



おわり

2017/05/13

Thunderbirdでメールを インポート/エクスポート する方法

記述:2017-05-13
件名:Thunderbirdでメールを インポート/エクスポート する方法
Link:ImportExportTools, MozBackup
関連:Thunderbirdの記事一覧


Thunderbird はメールの インポート/エクスポート 機能がない

Windows 7 で新しいアカウントを作成し Windows 転送ツールでこれまで利用していたアカウントの設定を移行したところ Thunderbird の設定は移行されていませんでした。これに気付かず新規メールを受信したので、新しい profile に新規受信メール、古い profile にアカウント移行以前に受信したメールが保存される状態になりました。

そこで、新しい profile に古い profile のメールをマージしようと考えましたが Thunderbird にはメールをエクスポートする機能がありませんでした。もちろん インポート機能もありません。

Windows 転送ツール

Windows 転送ツールで引き継げる設定は以下のようになってます。メールは引き継ぎ対象になっているけど Thunderbird は対象外でした。
出典:Microsoft atLife
・ユーザー アカウント
・メール
・自分で作成した書類などのドキュメント
・お気に入り
・音楽、ビデオ、写真
・その他

MozBackup と ImportExportTools

MozBackup は Thunderbird の設定をまるごとバックアップ及びリストアすることができますが、任意のメールをインポートすることはできません。ImportExportTools アドオンは、既存のメールフォルダに任意のメールをインポートすることができます。

ImportExportTools は Thunderbirdのアドオンマネージャで検索すると「該当するアドオンは見つかりませんでした」となるので配布サイトから入手してインストールします。

-

ImportExportTools 導入手順

1. importexporttools をダウンロードする(Link
2. Thunderbird のアドオンマネージャを起動
3. 「ファイルからアドオンをインストール」を選択

4. アドオン選択ダイアログが表示されるので importexporttools-3.2.4.1-sm+tb.xpi(数字はバージョンを表している)を選択する
5. Thunderbird を再起動する
6. 手順完了

再起動後は Thunderbirdの任意のフォルダで右クリックするとコンテキストメニューに ImportExportTools が追加されていることを確認しましょう。




---

インポートする場所を間違えても大丈夫

意図しないフォルダにメールをインポートしてしまった場合は Thunderbirdの「メッセージフィルタ」機能で振り分けましょう。


おわり

2017/05/11

編集した hostsを即座に反映させる方法と編集できない hosts の対策メモ

更新:2017-05-11
件名:編集した hostsを即座に反映させる方法と編集できない hosts の対策メモ
検証:Windows 7 32bit/64bit,


hosts を認識させる方法

Windows OSにおいて変更後の hosts ファイルを反映させる方法は以下の通りです。
  • パソコンを再起動する
  • ipconfig を利用する
---

ipconfig を利用する手順

1. コマンドプロンプトを起動する

起動方法


  • ファイル名を指定して実行(Win+R) - 名前:cmd - OK
  • スタートメニュー - プログラムとファイルの検索(一番下の窓) - cmdと入力
  • スタートメニュー - 全てのプログラム - アクセサリ - コマンドプロンプト
2. ipconfig /flushdns を実行する
>ipconfig /flushdns

---

hosts の場所

Windows 7 の場合

・C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

---

hosts が見つからない場合の対策

hosts は拡張子のないシステムファイルなので、エクスプローラーをデフォルト設定で使用している環境では表示されません。エクスプローラーの「フォルダオプション」の設定変更が必要です。
ツール - フォルダーオプション - 表示 - 詳細設定 - ファイルとフォルダーの表示
・隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する

---

hosts が編集できない場合の対策

hosts を編集するには Windows にログインしているアカウントの hosts に対するアクセス許可が「フルコントロール」でなければなりません。管理者権限のアカウントでも「フルコントロール」になってない場合があります。

hosts のアクセス権を取得する方法

  1. hosts のプロパティを表示する
  2. アクセス許可のタブを選択
  3. 以下の項目にチェックをつける
・このオブジェクトの親からの継承可能なアクセス許可を含める
(アクセス許可タブ)



---

ウィルス、マルウェア、KIOSKモード

Windows は hosts > DNS の順に名前解決をするので、hostsに記述したマッピング情報は DNS より優先されます。

ウィルスやマルウェアなどは hosts に DNSとは異なる嘘の IPアドレスを書き込んで改竄することにより、本物そっくりに作りこんだフィッシングサイトに誘導しようと試みます。そしてブラウザを KIOSK モードで起動しようとします。
KIOSK モードとは URLが表示されないシンプル画面のブラウザウィンドウです。アクセスしているサイトの URLの確認が困難になるので、フィッシングサイトにとっては好都合です。
いまだにフィッシングサイトとは気づかずに、個人名、電話番号、住所、カード情報などを入力してしまう事例があるようなので自己防衛に努めましょう。定期的に hosts が改竄されてないか確認しましょう。


おわり