2019-08-15T05:14:14Z kzstock 拡張機能View Selection Sourceが削除されつつあるようだ?
Scrap 2nd.
3

拡張機能View Selection Sourceが削除されつつあるようだ?

1st:
2:2018-06-07
検証:Google Chrome 67.0.3396.62

Google Chrome 拡張機能 View Selection Source が, 2018/06/04, 現在インストールできなくなっています。

View Selection Source


当方の環境ではView Selection Sourceはインストール済みだったのですが、いつのまにかChromeからアンインストールされていました。

View Selection SourceのWebサイトは表示されるものの、インストールしようとすると Invalid manifest エラーになりインストールすることができません。

Webページで選択範囲のHTMLソースを確認したい時に重宝していたので残念です。

View Selection Source:エラー


更新日: 2011年6月8日となっているので Google Chrome 67.0.3396.62 では動作しなくなったのだろうと思います。

Keyconfig はWebページが消滅しましたが、View Selection Source はまだWebページが表示されるので復活することを期待しています。
こちらの記事もどうぞ!
今回の措置はGoogleの野良拡張排斥プロジェクトの一環ではないかと思います。
具体的なスケジュールは以下の投稿から確認することができますので、ご一読ください。
Googleは野良拡張機能掃討作戦のスケジュールを発表した :Scrap 2nd. Keyconfig が Chrome ウェブストアから削除された模様 :Scrap 2nd.
2018/06/07
インストール可能になりました。
6/5の日はたまたまChromeウェブストアの調子が悪かったのだろうと思います。

Chrome ウェブストアで View Selection Source を検索してもヒットしなくなっているので、やはり、フェードアウトしつつあるのかもしれません。

Windows 7 ではインストールできましたが、Windows 10 ではインストールできませんでした。但し、インストール済み Windows 10 では削除されずに動作するものもあります。

カオスです・・・?('ω')

おわり
次の投稿 前の投稿 ホーム

0 件のコメント:

コメントを投稿

にゃんつくばっと