2019-05-31T05:08:05Z kzstock BAN: AutoPatchWork, Google Auto Next Page|削除されたChrome拡張機能
Scrap 2nd.
3

BAN: AutoPatchWork, Google Auto Next Page|削除されたChrome拡張機能

1st:
2:2018-06-20


これまで当ブログでは、Chromeウェブストアから削除された次の拡張機能についてメモを残してきました。

  • Keyconfig
  • View Selection Source

今回は、次の拡張機能がChromeウェブストアから削除されていることに気がついたので情報提供させて頂きます。

  • AutoPatchWork
  • Google Auto Next Page

AutoPatchWork, Google Auto Next Page はどちらも、閲覧しているウェブサイトを下にスクロールした時に、続きのページを先読みして表示する機能を持つオートページ系拡張機能です。

両方とも重宝していたので利用できなくなったのは残念ですが、オートページ系拡張機能 AutoPagerize は削除されずに残っています。

Google の削除基準が知りたいですね。


オートページ系はNGなの?

AutoPatchWork, Google Auto Next Page は削除されたのに、AutoPagerize は削除されずに残っているのは不思議です。

AutoPatchWork, Google Auto Next Page は復活する可能性があるので、アクティブだった頃のURLを文末に記録として残しています。

AutoPagerize は日本製なのでお目こぼしされたのでしょうか?



Chrome のインラインインストールAPI

AutoPagerize は次のブラウザで利用することができます。

  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Safari
  • Opera

Google は Chrome 71 からインラインインストールAPIメソッドを削除することを発表しているので、AutoPagerize は Chrome ウェブストア以外からインストールできなくなる予定です。

公式サイトのURLは次の通りです。

公式サイト:AutoPagerize|autopagerize.net
GitHub:swdyh (swdyh) / Repositories · GitHub

あとがき

Keyconfig などのお気に入りの拡張機能が使えなくなると不便ですね。

これからも色々な拡張機能が削除される可能性があります。

そのたびに代わりになるものを探さなくてはなりませんが、復活してくる拡張機能もあるので時々は削除された拡張機能を検索してみましょう。

AutoPagerize は公式サイトから拡張機能をインストールすることができますが、今後はその動作はインラインインストールAPIメソッドの廃止により制限される予定です。


おわり
次の投稿 前の投稿 ホーム

0 件のコメント:

コメントを投稿

にゃんつくばっと