6/17/2017

圧縮解凍ソフト Lhaz, Lhaplus, Explzh のメモ

2017-08-10
2017-06-17
圧縮解凍ソフト Lhaz, Lhaplus, Explzh のメモ

検証:Windows 7 32bit/64bit,


アーカイバー


使い勝手の良い圧縮解凍ソフト(アーカイバ)3種類の特徴をメモします。
1. Lhaz
2. Lhaplus
3. Explzh

メインで利用しているのは Lhaz ですが、Lhaplus, Explzh より知名度が低いようです。Windows 7 標準の圧縮フォルダ機能はオフにしています。


1. Lhaz - 2.4.0 :2013/09/01

※脆弱性に対応した Lhaz 2.5.1 2017-08-06 がリリースされました

動作させるには「Visual Studio 2012 更新プログラム 3 の Visual C++ 再頒布可能パッケージ」が必要です。2013年で更新が止まっています。

関連付け可能な拡張子

・lzh, zip, cab, tgz, tar, gz, tbz, bz2, rar, 7z, txz, xz

特徴

  • 64bit 版が提供されている
  • アーカイバDLL不要で圧縮解凍ができる
  • 12種類のアーカイブ形式に対応している
  • 書庫に含まれるファイルをツリー表示することができる
  • 解凍時にポップアップメニューを表示して処理方法を選択することができる

ポップアップメニュー

Lhazと関連付けした書庫をダブルクリックすると、書庫の解凍オプションを選択するポップアップメニューが表示されます。オプション画面を開かずに解凍時の動作を選択することができます。
[ポップアップメニューの選択肢]
このフォルダに解凍、解凍フォルダを指定、解凍先履歴、閲覧、フォルダ自動生成、解凍先を開く、フォルダ無視、末尾の数字を削除

ツリー表示

ポップアップメニューから「閲覧」を選択すると書庫に含まれるファイルをツリー表示します。ツリー表示されたファイルはドラッグ&ドロップで個別に取り出すことができます。


2. Lhaplus - 1.74 :2017/05/03

書庫と関連付けをして使用するソフトのためメニュー画面はありません。リスト表示機能もありません。しばらく開発が止まっていましたが Lhaplus Version 1.74 が 2017/05/03 にリリースされました。

関連付け可能な拡張子

・7z, ace, arc, arj, b64, bh, bz2, cab, gz, jar, lzh, lzs, mim, rar, tar, taz, tbz, tgz, uue, xxe, z, zip, zoo

特徴

  • アーカイバDLL不要で圧縮解凍ができる
  • 23種類のアーカイブ形式に対応している
  • 「テンポラリモード」で操作中の書庫のみに適用する解凍オプションを指定することができる

3. Explzh - 7.54 :2017/04/08

個人で使用する場合は無償のフリーウェアとして利用できますがそれ以外はライセンス登録が必要です。ほとんどのアーカイバDLLに対応した圧縮解凍ソフトです。本体とアーカイバDLLの自動更新機能を備えています。

関連付け可能な拡張子

・lzh, zip, arj, tar, cab, rar, bza, gza, gca, yz1, ace, 7z, rk, dgc, iso

拡張子 .yz1

拡張子 .yz1 は山崎氏が開発した DeepFreezer で生成される拡張子ですが、対応形式が多いことで有名なオープンソースで開発されている PeaZip でも対応していません。

特徴

  • 64bit 版が提供されている
  • 自動インストーラを作成することができる
  • ほとんどのアーカイバDLLに対応している
  • 書庫に含まれるファイルをツリー表示することができる
  • FTP アドオンによって FTP ホストをエクスプローラのように操作できる
  • CD-ROM 仮想ディスクイメージ(ISO-9660/ISO-13346)を操作することができる


Link:LhazLhaplusExplzh

おわり

0 件のコメント:

コメントを投稿