ヘルプファイル(拡張子 -.hlp)をWindows10で開く方法

このサイトを検索 | Search this site

2007年に開発が停止したフォトレタッチソフトJTrimのヘルプファイルを呼び出した時に、JTrim.hlp (ヘルプファイル) が起動する代わりに、IEが起動し support.microsoft.com が表示されました。

調べたところ、

Windows Vistaから新しいヘルプファイル形式 Microsoft Assistance Markup Language に移行していました。

Microsoft Compiled HTML Help(拡張子|-.chm)はサポートされていますが、.HLP 形式のヘルプファイルはサポート対象外になりました。

CHMはWindows 98で採用されたファイル形式です。

[Windows 10のヘルプファイル]
  1. CHMヘルプ
  2. Microsoft Assistance Markup Language

ヘルプファイルの拡張子とOS
拡張子OS
.hlpWindows 3.0 ~ Windows XP
※Microsoft 公式サイトの WinHlp32.exe をインストールすると Windows 8.1 まで利用可能となる
.chmWindows 98 ~ Windows 10


WinHlp32.exe

HLPファイルを開くにはWinHlp32.exeが必要ですが、マイクロソフトはWindows 10でのサポートを打ち切ったのでインストールパッケージが存在しません。

Windows Vista ~ 8.1はサポート対象ですが、自力でインストールする必要があります。

自己責任

Windows 10にWindows 8.1用のWinHlp32.exeをインストールする手順を公開しているサイトを見つけました。

そのサイトの手順に従って WinHlp32.exe をインストールすることができたので、私が実行した時のスナップショットをメモしておきます。

Windows ヘルプ プログラムは、Windows 10 および Windows Server 2012 以降のバージョンの Windows Server ではサポートされていません。 Windows ヘルプ プログラムが利用できるのは、Windows Vista、7、8、および 8.1 のみです。
support.microsoft.com

WinHlp32.exeのインストール手順

出典:DoldoWorkz|moondoldo.com

[必要なもの]
  • Windows 10 用 WinHlp32.exe インストールバッチファイル(moondoldo.com)
  • Windows 8.1 用 WinHlp32.exe(Microsoft)

ダウンロードリンク

Windows 10 64-bit/32-bit で必要なファイルが異なるので、ダウンロードするファイルを間違えないようにしましょう。

バッチファイルは 64-bit/32-bit 共通です。

出典:DoldoWorkz|moondoldo.com
直リンク
バッチファイル
64-bit/32-bit
winhlp32_Install_Windows10_ja-jp_x86x64_300.zip
Windows 10
64-bit
Download Windows 8.1 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB917607) from Official Microsoft Download Center
Windows 10
32-bit
Download Windows 8.1 用更新プログラム (KB917607) from Official Microsoft Download Center

WinHlp32.exe インストール手順

バッチファイル(winhlp32_Install_Windows10_ja-jp_x86x64.cmd)と64-bit または 32-bit の KB917607を同じフォルダーに配置してから、バッチファイルを管理者モードで起動します。

具体的な手順は次の通りです。
  1. winhlp32_Install_Windows10_ja-jp_x86x64_300.zip を解凍する
  2. winhlp32_Install_Windows10_ja-jp_x86x64.cmd と Windows8.1-KB917607-x64.msu (32-bitはWindows8.1-KB917607-x86.msu) を同じフォルダに配置する
  3. winhlp32_Install_Windows10_ja-jp_x86x64.cmd を管理者として実行する
  4. UACダイアログが現れるので ”はい” を選択する
  5. ”インストールが正常に完了しました” と表示される
    正常完了
  6. おわり

バッチファイルを管理者として実行する方法

winhlp32_Install_Windows10_ja-jp_x86x64.cmd を右クリックして ”管理者として実行” を選択する。


管理者として実行

JTrim.hlp の起動確認


JTrimヘルプ正常起動

年2回初期化される

Windows Update クライアントに配信される年2回の機能更新プログラムを適用すると Windows のいくつかの設定が初期化されます。アンインストールしたMicrosoft Storeアプリが復活したり、修復済みのイベントログが復活します。

Windows 10 April 2018 UpdateへアップデートするとWinHlp32.exeは削除されるので、今回使用したバッチファイルとWinHlp32.exeはバックアップしておきましょう。

まとめ

  • Windows 10 は、ヘルプファイル形式 [拡張子 -.hlp] をサポートしていない。
  • HLPファイルを開くには、WinHlp32.exe が必要。
  • HLP形式は Windows 8.1 までのサポートとなっており、利用するには WinHlp32.exe をマニュアルインストールしなければならない。
  • 自己責任で Windows 10 に WinHlp32.exe をインストールすることができる。(この記事)
  • ヘルプファイルの情報 | SC2
検証:Windows 10 Pro Fall Creators Update, v1709
Windows 10 Pro April 2018 Update, v1803
SC2

このサイトを検索 | Search this site