2019-04-27T00:29:20Z kzstock ストリームレコーダー:Chrome拡張機能で動画ダウンロード
Scrap 2nd.
3

ストリームレコーダー:Chrome拡張機能で動画ダウンロード

1st:
2:2019-04-27



動画ダウンロード支援情報

「ストリームレコーダー」は Webサイトにアップロードされているストリーミング動画を拡張子 .MP4 形式で保存できるようにする Google Chrome 拡張機能です。

ストリームレコーダーは HLS 方式のみに対応しています。

HLS方式は、動画ファイルの実体が保存されたパス(URL)が記述されたファイル(拡張子.m3u8)と、動画ファイル(TSファイル)で構成されています。


HLS:HTTP Live Streaming, 拡張子 .m3u8


HLS以外の動画は、同じ作者が開発した TokyoLoader for Chrome(または Douga Getter) を利用するとダウンロードできる可能性があります。

「ストリームレコーダー」の使い方は次項で記述しています。


「ストリームレコーダー」の使い方

ストリームレコーダーをインストールすると Chrome のツールバーにアイコンが表示されます。

ウェブサイトの動画を再生した時にアイコンが大きい赤丸に変化した時は、その動画はHLS形式で配信されている動画です。

小さい赤丸大きい赤丸

動画のダウンロード方法

大きい赤丸アイコンをクリックすると新しいタブが開いてダウンロードが始まります。

分割された複数のファイルのダウンロードが完了するまでは、ファイルはストリームレコーダーの作業フォルダーに保存されます。

全ての分割ファイルのダウンロードが完了したら、ストリームレコーダーがそのファイルを結合して .MP4 形式に変換してから指定したフォルダーに移動します。

ソフトウェア情報

確認日:
拡張機能ストリームレコーダー
機能概要※Chrome ウェブストアから引用
HLS ( HTTP Live Streaming ) で配信されているストリーミング動画をmp4として保存できます。 また、ユニークなビデオキャプチャ機能も備えているため、通常のダウンロードアプリでは保存ができない動画についても直接録画することが可能です。 そのため、一般的な動画サイトだけでなくTwitchやMixerといったライブ配信サイト等にも幅広くご利用いただけます。
バージョン1.1.2
リリース日2018年11月29日
インストールストリームレコーダー - Chrome ウェブストア
作者tokyoloader(@tokyoloader)さん | Twitter

あとがき

ストリームレコーダーは YouTube に対応していません。

ストリームレコーダーの動作がおかしいときは、Adblock Plus, uBlock origin, Nano Defender などの広告ブロッカーを無効にすると正常に動作する可能性があります。


ストリームレコーダーと TokyoLoader をインストールしていれば EagleGet の出番はなくなるのではないかと思います。

EagleGet はプライベート情報抜きまくり(と思われても仕方ない振る舞いをする)中華製のダウンロード支援ソフトウェアです。

このブログでは、EagleGet の振る舞いについて検証した記事を複数アップしているので、EagleGet をインストールしている方やこれからインストールしようと考えている方は関連記事をご一読ください。

あやうい動作を封じ込めることができれば EagleGet は最強のダウンローダーとして活躍してくれそうな気がします。

たぶん。( ꒪⌓꒪)


日本国内においては著作権者の許可なくアップロードされた動画について、それを知りながらダウンロードすることは法律で禁じられているので注意が必要です。


2019/04/27
ストリームレコーダーは配布停止となりました。( ꒪⌓꒪)
詳細情報は関連記事をお読みください。

おわり
次の投稿 前の投稿 ホーム

0 件のコメント:

コメントを投稿

にゃんつくばっと